ポーカー映画

ポーカー映画

ポーカーを題材にした記憶に残る映画

ポーカーで大事なのは、運とお金以上に戦略だ。ポーカーは緊張を高め、サスペンスを盛り上げる道具になる。二人の登場人物を対決させることで、力関係やその変化を象徴する場面が表現できる。勝つことは相手の知力を支配することの象徴だ。 007カジノ・ロワイヤル ジェームズボンドギャンブル おそらく最近の歴史の中で最も記憶に残るポーカー映画であるカジノロワイヤルは、テーブルのトランプの周りに座っているキャラクターに基づいて、ポーカーのゲームを中心に計画を立てています。 もちろん、古典的なジェームズ・ボンドのシーンがあります、それなしではボンド映画にはなりません。 しかし、ポーカーのゲームは非常によく表現されており、キャラクター間のダイナミックなパワーを示すために映画で使用されました。 カジノ・ロワイヤルこそおそらく近年で最も記憶に残るポーカー映画だ。筋書がポーカーのゲームを中心に組み立てられており、ゲームのテーブルに着いた登場人物を描いていく。もちろん、ジェームズ・ボンド映画らしいシーンもある。そうでなければボンド・ムービーとは言えない。しかし、ポーカーのゲームが登場人物の力関係を表すのにうまく使われているのだ。 ラウンダーズ  ポーカーとギャンブルの世界の興味深いケーススタディ。ラウンダーズはポーカーの映画であると同時に、挑戦と犠牲と決意の映画でもある。マット・デイモンとジョン・マルコビッチの力関係が、ポーカーの勝ち負けで動いていく。さらに、お金を通じての友情というコンセプトを筋書に盛り込むことで、重たいトーンに軽さを与えている。 マーベリック カジノゲーム マーベリックはギャンブラーのブレット・マーベリックを描いた物語で、このポーカーの名手を紹介するものである。古き西部劇の設定で、マーベリックが勝ったり負けたりしながら旅をし、友人や敵を作っていくさまを描いている。ポーカーはただの道具ではなく、マーベリックとその一味と一緒に成長する登場人物と言える。 ワイルド・ギャンブル  の映画において、ポーカーは語りの手段ではなく、単にポーカーそのもの、つまり主人公のゲリーとカーティスがするゲームだ。ストーリーは二人の主人公とそのギャンブル行為を中心にして、二人がポーカー中毒のせいで困難に遭遇するさまを描いている。やり過ぎの感のある映画で、ポーカーのシーンばかりで、勝ち負けの波はあっても、単調で胸が悪くなる。一方で、主人公たちの友情と、人生の変化への適応も描かれている。 夜の大統領 見逃されてきた古い映画の一本である。何しろ脈絡が無い。どこの誰ともわからないが、ポーカーの上手い床屋のニックの物語だ。彼は街に出掛けるが、最初は負ける。しかし、やり返すと心に決めて戻って来て、競争相手に勝ち、違法ギャンブル界の重要人物になっていく。大恐慌時代という設定で、凡人は潰され、金持ちだけが栄える。非常時の決意と才能と勇気の物語であり、ポーカーを中心に話が回っていく。ここではポーカーは力を象徴するものであり、他者を支配する権利を与えるものである。  

広告

おすすめの投稿

ハイライト

人気のカテゴリー

最新のアップデート

ポーカー映画

ポーカーを題材にした記憶に残る映画

ポーカーで大事なのは、運とお金以上に戦略だ。ポーカーは緊張を高め、サスペンスを盛り上げる道具になる。二人の登場人物を対決させることで、力関係やその変化を象徴する場面が表現できる。勝つことは相手の知力を支配することの象徴だ。 007カジノ・ロワイヤル ジェームズボンドギャンブル おそらく最近の歴史の中で最も記憶に残るポーカー映画であるカジノロワイヤルは、テーブルのトランプの周りに座っているキャラクターに基づいて、ポーカーのゲームを中心に計画を立てています。 もちろん、古典的なジェームズ・ボンドのシーンがあります、それなしではボンド映画にはなりません。 しかし、ポーカーのゲームは非常によく表現されており、キャラクター間のダイナミックなパワーを示すために映画で使用されました。 カジノ・ロワイヤルこそおそらく近年で最も記憶に残るポーカー映画だ。筋書がポーカーのゲームを中心に組み立てられており、ゲームのテーブルに着いた登場人物を描いていく。もちろん、ジェームズ・ボンド映画らしいシーンもある。そうでなければボンド・ムービーとは言えない。しかし、ポーカーのゲームが登場人物の力関係を表すのにうまく使われているのだ。 ラウンダーズ  ポーカーとギャンブルの世界の興味深いケーススタディ。ラウンダーズはポーカーの映画であると同時に、挑戦と犠牲と決意の映画でもある。マット・デイモンとジョン・マルコビッチの力関係が、ポーカーの勝ち負けで動いていく。さらに、お金を通じての友情というコンセプトを筋書に盛り込むことで、重たいトーンに軽さを与えている。 マーベリック カジノゲーム マーベリックはギャンブラーのブレット・マーベリックを描いた物語で、このポーカーの名手を紹介するものである。古き西部劇の設定で、マーベリックが勝ったり負けたりしながら旅をし、友人や敵を作っていくさまを描いている。ポーカーはただの道具ではなく、マーベリックとその一味と一緒に成長する登場人物と言える。 ワイルド・ギャンブル  の映画において、ポーカーは語りの手段ではなく、単にポーカーそのもの、つまり主人公のゲリーとカーティスがするゲームだ。ストーリーは二人の主人公とそのギャンブル行為を中心にして、二人がポーカー中毒のせいで困難に遭遇するさまを描いている。やり過ぎの感のある映画で、ポーカーのシーンばかりで、勝ち負けの波はあっても、単調で胸が悪くなる。一方で、主人公たちの友情と、人生の変化への適応も描かれている。 夜の大統領 見逃されてきた古い映画の一本である。何しろ脈絡が無い。どこの誰ともわからないが、ポーカーの上手い床屋のニックの物語だ。彼は街に出掛けるが、最初は負ける。しかし、やり返すと心に決めて戻って来て、競争相手に勝ち、違法ギャンブル界の重要人物になっていく。大恐慌時代という設定で、凡人は潰され、金持ちだけが栄える。非常時の決意と才能と勇気の物語であり、ポーカーを中心に話が回っていく。ここではポーカーは力を象徴するものであり、他者を支配する権利を与えるものである。  

最高のポーカー映画